2015年04月07日

変わりゆく感性

こないだ実家で、BSでやってた映画「バグダットカフェ」が録画されてたんで
25年ぶりくらいに観たんすよ
最初この映画を観たきっかけは、主題歌「コーリング・ユー」だったんで
その強烈なインパクト以外は
「なんかモヤ〜〜ンと黄色い映画だったなぁ」くらいにしか記憶に残ってなかったのね。

時を経て観ると感じ方が変わる映画もあるって言うじゃない。
今回まさにそれだったのだ!

主人公の太った中年女性ヤスミンを
「ん?このお姉ちゃんなんか可愛いかも」って思ったのだ。
20代前半の頃には嫌悪したシーン(ヤスミンが絵のモデルになりヌードに)が
微笑ましいシーンに変わったのだ。

ストライクゾーンの拡大が止まらない・・。



posted by カネテッチャ at 14:47| 東京 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。