2012年08月12日

夏休みの思い出

ブログを更新した後、すぐ隣のおじさん宅に集合し
ボクらは早朝4時半の出発を待った。
今考えるとなぜ4時半まで2時間ほど部屋で待ったのかがわからない。
みんな荷物も積んでウェアも着込みボクなんかヘルメットをかぶったままで準備万端なのだから、
すぐ出発すればいいじゃないか?
早い方が渋滞も少ないだろうに・・。
リーダーのおじさんは頑固なのだ
出発4時半と決めたら4時半なのだ

そして4時半きっかり出発!
新潟発のフェリーが10時半らしいので6時間もあるっ
フェリー港があるのは新潟亀田インターらしい
そこまで約300kmなので時速300kmで走れば1時間で着くことになる
超余裕じゃ〜ん

そんな余裕もあって40km走るごとに煙草を一服したり
ボクらはのんびりのんびり走っていった
途中おじさんのバイクがパンクしたりもしたが、
時間には余裕があるのだからと修理をし
のんびりのんびりと走った

んで新潟亀田インターに着いたのが10時。

「んで港ってどうやって行くの?」
突然おじさんが口を開く
????????
「あんた知らないのっ?」
おじさんの奥さんが悲鳴をあげる

おじさんがチロリとボクの方を見るが
いやいやボクが知るはずもない。
何もかも『〜らしい』でここまできたのだ
北海道ツーリング20回のリーダー、あなたを頼りにここまできたのよっ

そう、参加者5名誰一人フェリーターミナルへの行き方はおろか正確な港の名前すら知らなかったのだ

よくよく考えてみれば、フェリーの手続きは出港1時間前には済ませなければならない
10時にインターの時点で完全にアウトである

が、

無駄なあがきと知りつつも、使い慣れないiPhoneのmapを使いフェリー乗り場に着いたのが10時40分

船はなかった

写真1.JPG







posted by カネテッチャ at 00:00| 東京 ☔| バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする